デジタル放送対応のものを

視聴環境が変化したということは、私達が今まで使用していた機器のいくつかも、自然的に使用が不可能になったものがあります。まず、いわゆるブラウン管テレビです。ブラウン管テレビは、そのすべてが従来のアナログ放送にしか対応していません。ですから、もしブラウン管テレビを使用してデジタル放送を見たい場合は、別途地上デジタルテレビ専用のチューナーが必要となります。

屋外にアンテナを設置した場合、または屋内に屋内用のアンテナを設置した場合によって、視聴状況は異なりますが、弱電波地域である場合、屋内用のアンテナでは放送波が受信できないことがあります。その場合、別途工事が必要となるかも知れません。さて、今では販売されている液晶テレビは全て地上デジタル放送に対応していますが、もし視聴環境が何らかの理由で整わせることができないという方は、インターネット回線を用いた、テレビ放送の受信という手があります。

通常インターネット回線でテレビを見るということはあまりないかもしれませんが、環境が整っていない人、または自宅のインターネット回線がある程度高速を維持できる人、そういった方々にお薦めなのが、インターネット回線経由でのテレビ番組視聴サービスです。