どんな工事も費用が掛かりますが、それが私達の生活に直接的に関係しているものであれば、その負担を私達が行わなければならない時があります。いわゆる、アナログ放送から地上デジタル放送に変わった時に必要になったアンテナ工事も、その中に含まれていると言えます。誰もが同じテレビを見るために、用いられる規格は『VHF』ではなく、『UHF』という規格が用いられるようになりました。

この企画は、VHFよりも高い周波数帯で用いられることができ、それによって双方向の通信が可能となっています。昔は一方通行のテレビ放送…いわゆる私達、テレビを見る側の人間と放送する側の人間は、一方通行でしたが、今ではデータ通信放送なども利用できるようになったことから、いわゆる双方向でのテレビ放送、視聴者参加型のテレビ放送が行えるようになったこと、これが大きなメリットの一つであるといえます。

さて、工事の話に戻りますが、工事は通常、テレビを購入した際に家電量販店などから申し込むことができます。ただし、地元でそれを請け負っている、信頼できる業者がある場合、そこに依頼することによってその経費を可能な限り安く抑えることが可能な場合もあり、そこは個人の判断が必要です。